先日、The Vacant Lotのシングルは3rdのみしか持っていないと書きましたが、このタイミングで1stを入手することが出来ました!!

ホント、欲しい音源は探していない時にひょっこり現れるもんで見つけた時は無意識にポチってました(今まで見た中でも安価で納得出来る値段だったので)

この7''は1991年にBaylor Recordsというところからリリースでたぶん1000プレス(裏ジャケに記載有り)。元々、The Vacant LotはLat Bastardsというバンドが前身で、そのバンドには後にDevil Dogsとなるメンバーも居て、音楽性の違いとかでThe Vacant LotとDevil Dogsの2つのバンドに分かれたとか、昔1stアルバムのライナーノーツで読んだ記憶があります。前身バンドは聴いたことないですが、よりガレージ要素を追及していったのがDevil Dogs、ポップな路線でいったのがThe Vacant Lotかな?(ざっくり言うとです)

そんな初期The Vacant Lotはまだガレージ要素が残っていて、ポップパンクよりもガレージファンの方に人気がある印象です。A面のタイトル曲であるShe Gotta Leaveも爽快なガレージパンクで埋もれさせておくには勿体ない名曲です!そしてB面はThe Real Kidsの名曲All Kindsa Girlsの高速カヴァーを収録!!コレが原曲越えのカッコよさでオリジナル曲のイントロのかったるい部分を排除してとにかく速く演奏することだけを目指したようにしたとしか聴こえないです。このカヴァーすんげーカッコイイわ!!!



山梨県甲府市のエモ/インディーロックバンドの6曲入りCD。2016年作で自主リリースみたいです。

komukai、samuragouchi、obokataなど曲名見て購入を決めました。でも音はカッコイイんだなコレが。

曲名とサウンドのギャップで阪神タイガースを初めて聴いた時を思い出しました。真面目にふざけてる感がとても素敵。真面目にふざけてる大人を見るのは好きです。あと、ちゃんしたプレスCDなのも◎

メンバーの一人はbirthというバンドの方なんですね。


Crackle! Records/Snuffy Smileから出たスプリット7"はもう19年前の話ですか。。

SkimmerとNavel、日英バンドの2度目のスプリットはFixing A Holeからのリリース。店頭販売はもう少し先みたいですが、コミケに行った友人に買ってきてもらいました。本来はSkimmerの来日に合わせてのリリースでしたが、ツアーはキャンセルに。。

久々にSkimmerの新曲聴いて(ココ数年で出た音源まだ買っていない。。)最初に思ったのは何も変わっていない(もちろんいい意味で)いつものSkimmerだってことでした。 やっぱりケビンの歌声は安心する。哀愁漂うポップパンク2曲にNavelのChaos Mindのカヴァーを収録!!不思議なことにNavelのカヴァーなんだけどSkimmerなんだよね(言ってることめちゃくちゃですね)、カヴァーを超えたナニカになってますよコレ(自分でも意味不明。。)もうねSkimmerがカヴァーするとまんまSkimmerなんですよ。Chaos MindはNavelを初めて知った曲でもあるしめちゃめちゃ思い入れがありますし、それをSkimmerがカヴァーしてるとかもう。。(この熱い想い、察してください)

Navelはオリジナル1曲にSkimmerのSarah's Blanketのカヴァーを収録。新曲は哀愁全開のメロディックサウンドでNavel節炸裂してます。もう最&高!!カヴァーの方もコレまた不思議でSkimmerの曲なんだけど完全にNavelなんですよね(この意味伝わってるかな?)相思相愛なこの2バンドだからかな?お互いの曲のカヴァーがどちらも見事に各バンドのモノになってる。見事にシンクロしてる!シンクロ率が400パーセントを超えています!!

最後にどちらももう20年以上活動しているバンドで、きっと大変なこともあるだろうけど存在し続けてくれて感謝ですね。Skimmerは今年来日出来なかったけど、またいつかきっと来日してくれると思うから、それまでにまだ買ってない音源買って予習しなきゃなあ。Navelもしばらくライヴ観ていないので遠出してでも観たいです。

60'Whalesでも活動中のAkiさん率いるSEA OF TIMEの8曲入りCD。古くはPigeonなどをリリースしていたChapel Hill Recordsよりリリース。2016年作。

90'sオルタナやSuperchunkなインディーロックやMy Bloody Valentineなシューゲイズが好きなら聴いてほしいし、もちろん60’Whalesが好きな人にも聴いてほしい。 あと、日本のtoddleやきのこ帝国のようなバンドが好きな人にも聴いてほしい。日本語詞の曲もあってAkiさんの60'Whalesの時とはまた一味違う魅力が存分に発揮されている1枚ですね。

男女混声な2曲目、シューゲイズな8曲目が個人的にツボでした。



UKメロディックのギターヒーロー、Andy Barnard率いるHeadsparksが今秋来日するそうですね。観に行きたいなあ。。

Andy Barnardが過去に在籍したバンドはどれもカッコイイバンドばかりでした。その中でDonfisherはUKメロディックの良いところが全部詰まってると言っても過言ではない至極の4曲入り7"を1枚だけ遺してあっけなく消えてしまいました。。

Crackle! Recordsからリリースされたのが1996年で、コレが出た当時はどれくらいの評価だったんしょ?同時期にChopperやBroccoliなどが居たので影が薄い存在だったのかなあ?ぼくがコレを入手したのはちょっと遅れてからだったので。。

Headsparks来日ニュースが流れ始めてからTLを眺めているとこのバンドのこと好きな方はいっぱい居るみたいで、遅れて評価された感じもしますね。

てか、この4曲以外に録ってた曲とか存在しないのかな?Reverseみたいに録ってたけどお蔵入りみたいのあったらいいのになあ。。

今では廃盤で入手困難みたいですけど、ちなみにObviousはCrackle! Recordsのサンプラーにも収録されてますので、CD派の方はそちらを探してみてください。あと、この記事書いてる時気付いたんですけど、プロデュースはLeatherfaceのFrankieだったんですね!

ああ、Headsparks観たいなあ。。