2017年リリースの4thアルバム。11曲入り。イタリアのI Buy Recordsからのリリース。

コレ1曲目からやばいすね!女性コーラスは卑怯だよ!特に1曲目~3曲目の流れがとても気持ち良くてたまらないです。アルバム全体通してもコーラスワークが素晴らしくベテラン健在って感じですね。前作より好きだなあこのアルバム。8曲目はメロコアかよ!って思ったけどw

プレス数が少ないらしいので早めの入手をオススメします。


結成20周年の2013年にリリースされた3rdアルバム。12曲入り。

やっぱりみんなが求めてたのはこういうサウンドなんだよね。1曲目のタイトルがPure Surfだもんね!悪いはずがないよ(2ndのことボロクソ書いてごめんw)帯裏に載ってる邦題もいい感じ!昼寝最高!!

いろんなサーフポップパンクの中でもパンクロック色が強いところがこのバンドの魅力ですね!甘酸っぱいメロディーから爽快感爆発なファストナンバーまでThe Chromosomesのいいところがぎっしり詰まった1枚となっとります。


イタリアのMarvel Recordsから2006年リリースの2ndアルバム。12曲入り。

サーフ色がなくなってしまいその筋の人たちにはとても人気のない作品。あと、このアルバムだけ歌詞がイタリア語なんですよね。

リリース当時にBASEで買った記憶はあるけど、初めてじっくり聴いてるのは今この文章書いてる時かも?ってくらい印象に残ってないなあコレ。。ちゃんと聴いてみるとそんなに悪くはないんだけど、1stを知ってる人にとってはコレジャナイ感がすごいんですよね。。好事家の方以外はスルーしてもおkっす。スカアレンジある曲とか時代を感じるw 


初期のデモ、7”、コンピ提供曲など19曲を詰め込んだ神編集盤CD。2009年Waterslide Recordsリリース。※まだ普通に買えるはず

1stアルバムとこの編集盤は未だにほぼ年中聴いてます。

疾走感ありつつも哀愁もあるサーフポップパンク全開サウンドに、至る所から出てくるハーモニーの応酬!初期のThe Chromosomesはホント神がかってる!サーフポップパンクファンなら絶対外せない1枚。90’sユーロポップパンク(ドタバタしてるやつ)が好きな人にもオススメしたいです。


イタリアはリヴォルノのサーフポップパンクレジェンドThe Chromosomesの1stアルバム。Seastars RecordsとInst DL Rec.ということころから出ました。2000年リリース。14曲入りだけど1曲ゴーストトラックなので実質13曲入り。

この時期は4ピースのためコーラス要員が多くて厚みのあるハーモニーが魅力!特に高音の人の声は初めて聴いた時は女性かと思いました。曲も最初から最後までグッドメロディーの連続で全く飽きが来ません。最後にしっとり聴かせる12曲目もたまらない。。

正にコレはサーフポップパンクの金字塔!!全然見かけなくなりましたけど、探せばまだ買えるとこあると思います(コレだけbandcampないの何故でしょう?)

アナログで再発しないかなー